スタッフインタビュー詳細

生産管理の経験を活かして最適な設備を提案

中西 貴裕(なかにしたかひろ)
入社:2018年12月
所属:大阪技術営業部
役職:主任
設備を使う人の目線でアイデアを練る

前職は、絶縁材料を扱う会社で生産管理兼営業をしていました。食品工場の製造ラインを取り扱うアルトリストとは分野が違いますが、工場の生産管理を行っていた経験が活かせるだろうと考え、応募しました。

お客様から工場の生産設備の問題点をうかがい、それらを改善するために最適な設備の組み合わせを提案するのが私たちの仕事。現場の下見では、人の動線、空間の使い方など、設備を使う人の立場で考えるようにしています。そういった現場目線での考え方に前職の経験が活かせていると思います。

責任は大きいけれど成果をダイレクトに感じられる

営業の仕事は売ったら終わりではありません。受注が決まり、工事を行うときは現場に立ち会ってお客様と工事業者の仲立ちも行います。また工場には常に何かしら課題があり、段階的に設備の入れ替えを行うことも多いため、長期にわたるおつき合いになります。

そんな中で、自分が提案したアイデアがお客様に喜ばれたときは本当に嬉しいですね。仕事の進め方やアイデアづくりなど自分の裁量で行えるので責任重大ですが、その分、成果はダイレクトに感じられます。

全国を股にかけて活躍できる仕事です

未経験の分野への挑戦でしたが、上司が自分のレベルに合わせてうまく仕事を振ってくれて、順を追って仕事を覚えられるよう配慮してくれました。担当を持つようになってからも、進捗を報告する際にアドバイスをもらえますし、状況を共有すればみんなが助けてくれます。

若い会社でまだ従業員数は少ないですが、皆仲が良いのがこの会社の良さだと思います。お客様は大手メーカーがほとんどで、西日本を中心に全国を飛び回る仕事です。出張が多い仕事ですので、全国を股にかけて活躍したい人をお待ちしています!

一覧ページへ